<< その199〜気分転換〜 | main | 番外編〜弊社HP更新〜 >>

その200〜本柾、四方柾、板目、一級、二級〜

0
    JUGEMテーマ:木の加工

    明日から名乗っても良いですか?
    ラブジャーナリスト(笑)

    てなわけで、記念すべき200回目は久々の本業ネタで。


    予備乾燥中の半製品チェック。

    帯鋸(おびのこ)で挽いてから外で干し。

    オジゾークンは既にノータッチになりつつあり。

    頼もしきかな、弊社精鋭部隊^^



    中々の2枚をチョイス。

    職人的な技術かも。

    難しいわけでもないんですが^^

    等高線的な模様(木目)が少ないほど良。


    板目(いため)っていいます。

    詳細はここらへんで(

    長さ方向に綺麗な木目。

    上手く挽けてる証拠っす。

    ヒルタ&ヨコウチ、どっちかの仕業。95点!


    赤で箸を作れば本柾(ほんまさ)。

    黄なら四方柾(しほうまさ)。

    までは行かなくても近い感じに。


    で、出来てきたけども、二級品。

    まー、何となくダメだから二級。とかではなく(笑)

    弊社総員は明確な基準によりハネてます。

    クオリティが生命線かと。

    思ったりもして。


    コッチは一級品。

    差異が伝わるでしょか?

    薄黒と赤が、変わりバンコで綺麗★とかでもなく(笑)

    赤系と黒系、香りも違います。

    どちらも、白系とは明らかに異なる馨しさ。

    追記

    午後イチで仕入れ行ったの忘れてました><


    田人町の豊田林業さん。

    近くの神社で間伐してるとの情報を頂き。

    黒系(イヌ杉)10本弱仕入れました^^



    コメント
    頑張って、いい仕事してますね。
    これからも、素晴らしい割り箸を生産してください。
    ジャパンフォレストは、目下静岡県知満寺の国の天然記念物であった頼朝杉(昨年9月2日に倒木した、樹齢800年と言われている杉)を利用した製品づくりを勧めています。
    また、知満寺の住職は、この頼朝杉で阿弥陀仏の製造を発願され、京仏師江里氏に依頼されました。
    先日、その仏像制作の入刀式が執り行われました。
    • 高桑進
    • 2013/04/22 9:20 PM
    高桑先生、ご無沙汰しておりますm(_ _)m

    量を出したくても質は落とせず、険しい道のりは続いております><

    樹齢800年!
    仏像の他に何が出来てくるんでしょう?
    ヤマモトシャチョーにもよろしくお伝え下さいませ☆
    • オジゾークン
    • 2013/04/22 10:09 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM