<< その229〜ギフトショー秋 当日 他〜 | main | その232〜9/20あたりまでの大体1週間〜 >>

その230〜天心杉箸〜

0
    JUGEMテーマ:オススメの逸品!

    ささ、久々の本業で^^

    11月より全国ロードショーが予定されております映画「天心」(

    -------------------------------------------------------
    日本の近代芸術に大きな足跡を残した岡倉天心。
    その弟子たる若き日の横山大観の眼を通し、
    兄弟弟子である菱田春草・下村観山・木村武山らと共に
    芸術と真摯に向き合う姿や、師である天心の実像に迫る。
    -------------------------------------------------------
    (オフィシャルサイトより)

    ありがたいことに試写会にもお招き頂き、猛烈に感動したわけです。
    じーん。

    そして天心が設計した北茨城は五浦(いづら)の六角堂(
    北茨城のシンボルと言っても過言ではなかろうかと。

    ここらへんです^^

    別名は「観瀾亭」(かんらんてい)

    津波後、見事再建!


    で、この六角堂再建に使われた杉は、いわき市田人町で伐採された150年生でした。
    そしてここらで()何度かご紹介しているように、「六角堂の杉」として、
    同林分(同じ山)で一緒に一本だけ倒れてしまった杉を、弊社が購入しておりました。

    そんな経緯があったので、


    こーんな素晴らしい「天心杉箸」になっちゃいましたっ!

    映画「天心」劇場前売り特典です!

    超希少なので、多くても全国で1,500セット限定の非売品です!

    こちら()でもご紹介頂いてますが、
    瞬く間になくなる可能性大なので、お急ぎ下さいませっ!

    と、ご存知の方も多いと思いますが、いわきでは多数の避難者が生活しており、
    いわき市民と避難者の間には明確な温度差、わだかまりが事実としてあります。。。

    同様に、東北のいわき、北関東の北茨城と、隣接自治体であるにもかかわらず、
    震災後は温度差があるのも事実です。。。

    一方、弊社所在地やオジゾークンの住むいわき南部、特に勿来地区は
    リアル市境のため、北茨城市の北部住民と実際の生活圏が一緒なんです。。。

    そんな複雑な状況、感情を、少しだけでも和らげたかったんです。
    弊社のようなミジンコ企業でも、出来ることを少しだけでもしたかったんです!



    で、デザインは「希望のかけ箸」のEat East!さん。

    弊社総員のキモチを、余すところなく。

    相変わらず物凄いデザインです^^

    Eat East!さんのブログはコチラ(

    ----------------------------------------------
    北茨城といわき、震災に逢いながらも手を取り合い
    「六角堂」を再建しました。
    更なる両者の架け橋となりますよう、願いを込めて
    「天心杉箸」をお届けします。
    --------------------------------------------------


    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM